社員インタビューINTERVIEW

生産部 部長

すべての現場で「国分ハウジングクオリティ」を実現

生産部 部長

施工管理職

PROFILE

工業高校卒業後、建築・建設業界で活躍。2009年入社。本人曰く「仕事大好き人間」。設計・施工管理を率いて縦横無尽に国分ハウジングの急成長を支えてきた。

CHAPTER 01

鹿児島・宮崎のあらゆる現場で「統一した品質管理」を

現在は、グループの全ブランドの設計・施工管理を統括しています。私に課された一番の任務は、鹿児島・宮崎に広がる建築現場の品質管理です。店舗・エリア・棟数が拡大する中で、お客様に常に高品質なお家づくりを提供し続けるため、喫緊の課題として「設計・施工において、いかに統一化した品質管理ができるか」を検討し、改善を積み重ねています。設計・施工管理スタッフの育成はもちろん、各現場で、数多くの協力業者と施工を進めていますので、我々が求める工法や施工品質を現場で常に均一に実現できるよう、現場パトロール等を通して精度を上げる取り組み行っています。

CHAPTER 02

会社の急拡大に応じた無理の無い現場管理体制を構築

私が入社した当初、当社はまだ社員数名という規模でした。住宅建築に懸ける現会長の思いに共感し、「私にお手伝いさせてください!」と入社しましたが、まさか、ここまで大きくなるとは(笑)。正直に言うと、急激な成長スピードに現場が追いつけない時期もありました。それでも皆で乗り越え、業務効率化や人材育成でも試行錯誤を繰り返し、今では鹿児島県No.1の建築棟数をほぼ残業なしで設計・管理できる体制が築けています。今後会社はさらに拡大していく計画ですが、今の環境なら不安なく無理なく対応できるでしょう。

CHAPTER 03

社内外の変化に応じて、現場のあり方も変わっていく

世界情勢は刻々と変化しており、我々もさらなる変革を求められていると思います。建材・資材が価格高騰する中で、少しでも高いコストパフォーマンスを実現するために、これまで施工管理担当者が個別に管理してきた原価・発注に関しても、専門部署を設立して一元管理できる体制づくり進めています。これにより、施工管理はお客様対応や品質管理・現場の安全管理に集中することできます。また、「国分ハウジングの家づくり」自体も、進化しようとしていますので、これから現場がどのように変わっていくのか楽しみです。

CHAPTER 04

土木工事からCADまでこなし、効率よく現場を回す術を習得

高校卒業後から建築・建設業界一筋。どこの現場でも人手は足りないので、施工管理だけでなく、設計も土木工事も、とにかくいろんなことを経験してきました。今でも建設機械に乗ればうまく動かす自信がありますよ。施工図や書類を作るためのCADやエクセルもほとんど独学で、常に「いかに手際よく作業を進められるか」を考えていましたね。施工管理という仕事の面白さは「いろんなことを想定して段取りを組む」ところにあると思いますし、これまでの様々な経験が、今に繋がっていると思います。

CHAPTER 05

熟練の現場監督から職人・技術者まで多彩なキャリアを歓迎

当社にも、様々なキャリアを持つ人材に集まっていただきたいです。先読み・段取りをする上でも「こういう時どうしたら良いか」は、経験を持つ人が教え、その教えをまた下の世代に引き継いでいく。今後は自社内で一部工事を担うようなケースも検討していますので、職人や技術者など、新たな人材を迎え入れ、これからの国分ハウジンググループを一緒につくっていけたらと思います。

募集要項・エントリーは
こちらから!

キャリア採用CAREER

新卒採用GRADUATE

まずは気軽にエントリーして
最新情報を受け取ろう!