社員インタビューINTERVIEW

管理部 財務経理課 課長

経理マンとして「戦略」を担える「攻めの管理」を目指して

管理部 財務経理課 課長

総合職

PROFILE

大手総合建設業を経て、2021年入社。建設畑の祖父と公務員・銀行員の両親を持ち、建築会社の財務・経理職はまさに天職。「でも家計の管理は苦手。自分に“投資”しすぎて、妻に叱られています(笑)」

CHAPTER 01

「自分が成長できる場所」を探して国分ハウジングに出会った

「国分ハウジングは自分を伸ばせる場所」――これが、私が当社に転職を決めた理由です。経理・財務を中心に長年事務方の経験を積んできましたが、前職では社内外に目指すべきロールモデルもいない状態で、「自分は今後成長していけるのか」という不安が常にありました。
当社の管理部は入社当時「経営戦略部」という名称で、経理の仕事で「戦略」を担っていくというスタンスに、強い魅力を感じました。「熱量」を持つ社長がいて、その思いを実現するために「戦略」を練るチームがある。面談で経営戦略部長のプレゼンに惚れ込んだこともあり、このチームで一緒に働きたい、ここで絶対に成長できると確信して入社を決めました。

CHAPTER 02

自分が主体となって、会社の未来を創りあげていく

当社の総合職の仕事の面白いところは、「自分たちが主体となって、仕事=会社の未来を創り上げていくことができる」ことです。経験や知見を活かしながら、会社の成長と安定、社員が安心して働ける環境づくりのために、何をすべきか自分で考えていく。私の業務でいえば、財務・経理の観点からここ数年で急拡大した会社の規模に見合った内部統制に磨きあげていく必要があると感じ、入社直後から各担当者に相談しつつ、社内の仕組みづくりに着手しました。

CHAPTER 03

改善と成熟を繰り返す。「立ち止まらない」のが管理部の仕事

私は管理部の仕事のあり方として、「改善」と「成熟」の繰り返しが大切だと考えています。新しい制度を作ったら、実際に運用して試してみて、自分たちの会社にフィットするようにどんどん改善していく。常にやるべきことは山積みです。
さらに、今は株式上場プロジェクトを進める上で経理業務をかなり深堀りしており、一つ課題をクリアしても、また次、そのまた次の課題がある、という状態。しかし、一般の中小企業では得られない経験やスキルも多々あり、経理マンとしても、日々大きく成長できていると実感しています。

CHAPTER 04

経理の立場から社内外を紐解き、経営戦略に貢献したい

入社動機でもある「経理の立場から経営戦略に貢献」という点では、まだまだこれからですね。経理には、売上、経費、福利厚生など社内のあらゆる情報が集まってきます。それらを数字から紐解いて、社内を分析していくのはもちろん、出店計画やマーケティングなどにおける施策のタイミングや予算配分等も提言していけるようになりたい。前職では社内の数字の管理に終始することが多かったので、経営の視点をもって社内外に視野を広げ、自分のフィールドも広げていけることが楽しみです。

CHAPTER 05

生活のための仕事から「働く=生きる」に変わってきた

毎日が充実しているおかげで、今では休日にもつい仕事のことを考えてしまうくらい、仕事が面白いですよ。以前は生活のために仕事をしていましたが、今は「働くこと」と「生きること」がイコールになってきたなと思います。とはいえ、部下にはワークライフバランスを大切に、気持ちよく仕事をしてもらえるようにと考えています。皆が自分らしく働ける環境を作っていきたいですね。

募集要項・エントリーは
こちらから!

キャリア採用CAREER

新卒採用GRADUATE

まずは気軽にエントリーして
最新情報を受け取ろう!