社員インタビューINTERVIEW

国分ハウジング 薩摩川内店 店長

ゼロから自分を試したい。現場にこだわり鹿児島県No.1へ牽引

国分ハウジング 薩摩川内店 店長

営業職

PROFILE

鹿児島の住宅メーカーで店長として輝かしい実績を上げ、2009年入社。現場第一で駆け抜けてきた生粋の営業マン。最大の長所「優しさ」を徹底的に磨き、お客様と深い絆を築く営業スタイル。2022年9月オープンの薩摩川内店 店長に就任。

CHAPTER 01

「営業力で勝負したい」と駆け出しの国分ハウジングに転職

私が国分ハウジングに入社したのは2009年。住宅建築事業進出に際し、住宅営業スタッフ第一号として、事業立ち上げ当初から参加しました。私は前職も地場の住宅メーカーの営業で、5年連続100棟達成という当時としては指折りの急成長を支店長として実現したところでした。それが、住宅建築では駆け出しの国分ハウジングに転職したのは、ひとえに「自分の力をゼロから試してみたかったから」。営業の力が付き、毎日が充実している一方で、「自分の営業成績は本当に自分の実力なのか、それとも大きくなった会社の看板のおかげなのか?」という思いが尽きず、新天地でもう一度挑戦しようと決意したのです。

CHAPTER 02

一般企業の年間建築棟数を上回る数字を1店舗で達成

偶然かもしれませんが、結果として国分ハウジンググループも鹿児島県No.1まで上り詰めることができました。私自身も、着実に成績を上げることができましたが、中でも印象に残っているのは、2021年に店長代理を務めていた店舗全員で力を合わせ、年間107棟完工を達成したことです。今や当グループは年間335棟と圧倒的な数字を実現していますが、一般的には1社で年間100棟達成できるかどうかという世界。それをたった1店舗で達成できたのは、私の誇りであり、今後営業を続けていく上での自信にもなっています。また、尊敬する会長・社長と共に駆け抜け、会社が成長していく景色を共に見ることができたのは、大きな喜びです。

CHAPTER 03

「面白さを超えて、感動さえ覚える仕事」に出会えた

住宅営業という仕事は私の天職だと思っています。お家づくりに際しての様々なお悩みや課題を、赤の他人の私にお話いただき、お任せいただく。それだけのご信頼を得られ、お客様が思い描く通りのお家づくりができた時は、面白さを超えて感動さえ覚える仕事です。お客様と抱き合い、泣きながらお引渡ししたこともあります。お金を稼ぐだけの仕事ではないからこそ、これほど長く情熱を持ってやってこれたのでしょう。ですから、私は管理職ではなくずっと現場で働きたいと思い、若手スタッフを見守り、共に成長しながら、第一線で仕事をしてきました。

CHAPTER 04

長年こだわってきた現場から、店舗マネジメントへ

しかし先日、社長から「そろそろ店長を引き受けてほしい。成果を出せる人がしっかり上に上がっていかないと、次の世代がいつまでも上にいけないよ」と新店舗の店長を打診されたのが、大きな転機になりました。現場にこだわってきましたが、「そういう考えもあるのか、それなら自分もしっかり上を目指さなければ」と。会社から期待された責務を担い、その上でもっと成長しようという姿を見せる。管理職の大変さは前職で経験しているので、身が引き締まる思いとともに「よし、やるぞ」と覚悟を決めました。新店舗のオープンに向けて店舗マネジメントを磨き上げ、今度は店舗全体として、お客様の課題解決にあたりたいと思っています。

CHAPTER 05

共に成長し、共に喜びを共有できる仲間と出会いたい

国分ハウジングには、次々と新しいビジョンを見せてくださる社長を筆頭に、ユニークで個性あふれる先輩社員がたくさんいます。共に仕事をする中で、いろいろな気付きや成長のきっかけがあるでしょう。私としては、成長意欲・創造意欲の高い方と一緒に仕事がしたいですね。もちろん私たちがサポートをしますが、それを通じて私たちも一緒に成長していきたいですし、大きな壁を乗り越えて成果を上げる喜びを共有したいと思っています。ぜひ、一緒に頑張りましょう。

募集要項・エントリーは
こちらから!

キャリア採用CAREER

新卒採用GRADUATE

まずは気軽にエントリーして
最新情報を受け取ろう!